2019年8月7日水曜日

湯気旅♨️第一回 小布施篇(2)

こんにちは。

前回からだいぶん間が空いてしまいました。
すっかり夏の盛りとなって参りました。

ツイッターとインスタグラムではちょこちょこ書いてはいたのですが。
こちらのブログにきちんとまとめたかったんです。
はあ、やっと…

旅は始まったばかりです。よろしければ、お付き合いくださいませ。


という訳で、湯気の旅 小布施篇の第二回目をお送りいたします。

今回訪れたのは、長野県の北部、小布施という小さな町にある古本のお店「スワロー亭」さんです。



ここはデザイナーの奥田亮さんと、編集者である中島敏子さんが営んでおられる古書店で、お二人は「燕遊舎」というユニットでも活躍されています。

実は、奥田さんは関西に住んでおられたこともあり、私が20代の頃に「HOP」というグループを作って活動をされていました。
メンバーのひとりひとりがひょうたんを育て、できた実で音を鳴らす人たちの集まり、「ひょうたんオーケストラプロジェクト」の略で「HOP」です。

当時私は二十代でしたが、同僚がまさしくそのHOPに関わっていたため、存在を知り、一度イベントに参加したことがあったのです。
(その時は奥田さんと直接お話したことはなかったと思います)

「ひょうたんを育てる」、そして「成った実で楽器を作り、演奏する」という工程がとても壮大なような暢気なような、どこかおかしみのあるような…
そこに真剣に(?)取り組んでおられる大人がたくさん(?)いることに、当時23か24歳だった私は軽い衝撃を覚えました。

そして、「ひょうたん」というキーワードが、生活の中にちらりと入ってくるようになりました。
自分の存在の重苦しさのようなものに悩んでいた頃だったのでしょうか。
ひょうたんが飛び跳ねる絵を何気なく描いたところから「トビハネさん」という我が湯気オリジナルキャラクターが生まれたのであります。

という訳で、奥田さんは湯気カンパニーにとってとても大きな影響を与えてくださった方と言っても過言ではないでしょう。

*もう一つ、大きな影響を受けたのが「ご存知ひょうたん新聞」という飄々としたフリーペーパーなのですが、この作者の方についてはいずれ…


先日、ある方の縁で「ひょうたん」を育て始めた私は奥田さんの近況をお聞きしたこともあり、どうしてもこちらへ伺いたくなったのです。

というわけで、前回ご紹介した急行列車で小布施へと。
駅から、「スワロー亭」さんへは10分ほど。
小布施ミュージアムという建物の前に位置しているようです。

歩いている途中、小鳥のさえずりがずっと聞こえていて、稜線やあおばが目に優しく、楽しい道のりでした。
例のオブセ牛乳のお菓子も道中買いました)


…やっと着いた!


お店に入るのはやや緊張しましたが、初めてご挨拶をした奥田さんは、ゆっくりお話をされる優しい方で、どこかで会ったことのあるような雰囲気…
なんでしょうか… 森元さんにちょっと似ているような…?

奥様の中島さんは、華やかで気遣いの細やかな方で、たくさんお話をしてくださり、おかげですぐにリラックスすることができました。

本の他にも洋服や雑貨なども取り扱っておられ、お店のあちこちをじっくり見させていただきました。

普段は、お客様が店内にいる時はあえてお二人ともお店の奥にすっこんでおられるようです。
店主の存在を感じずゆっくり本を見て欲しいとのこと。
素敵です。

奥田さんの作品です
ホワワーン…

これですよ…
小さきひょうたんの中に広がる夢。うっとり。

「こより」の階段がついた灯台のオブジェもよかったです。
既製品のようでは決してなく、奇をてらったものでもなく、あくまで、小さな世界を丁寧に作り上げていらっしゃるのが、湯気的だと思いました。

ぜひ、お店に行って見てください。



それから、ひょうたん楽器のあれこれを見せていただき、演奏も聴かせていただくという贅沢な時間を味わいまして…

顔レレちゃん

私が目下育てているひょうたんの世話についても質問に答えていただくなど、かなり長い間お相手をしていただきました…
ありがたきシヤワセ。



こんな楽器たち、奥田さんはこんな方です。



ひょうたん楽器にはそれぞれ名前がついています。
(障子紙を貼ってあるショージ君とか。イカレレなど。弦楽器だけではなく、多種多様の個性ある楽器たちです)




定期的にされているイベント。他にもアーティストの方を呼んでのライブも行っておられます。






あっという間に夕方になり、ポツポツ雨も降り出したため…
我々が温泉に行くという話をしていたのを聞いてくださり、車で近くの穴観音の湯まで送ってくださいました。


♨︎
♨︎
♨︎

ここも、良いお湯でした。

北信五岳の山々が一望できる露天風呂に浸かっていると雨足が強くなり、地域の住人と見られる方々がどんどん入ってこられ、ご近所さんどうしでおしゃべり、「いやー、ぶどう畑にいたらこの雨だから引き上げて来たのよ」というのを聞いて、地域密着型、ふむ、やはり長野はぶどう畑か、など思っていますとますます雨は大降りに。

そして雷鳴混じりの土砂降りになって来たではないですか。

お風呂から出てオブセ牛乳を飲んで一服…愛嬌のある天使のロゴがなんともかわいい…


そんなこんなで、心配をしてくださった中島さんが車で迎えに来てくださいまして、その後夜ご飯を一緒に囲ませていただきました。

その時もずっと雷がなり続けていたのですが、いよいよ大きな轟音と共にお店が一瞬停電になったりもし、その瞬間も楽しく、その間もずっと話は尽きることなく…
初めてお会いしたとは思えず。
20年ぶりに恩人に再会し瓢を傾けあったような、なんとも不思議な心踊る一日となりました。


という訳で、すっかりファンになりました。スワロー亭さんも、小布施自体も。

少し先にはなりそうですが、湯気カンパニーでなんらかの形で!
改めてご紹介したいですよ!

お待ちくださいね。




おまけ)
帰宅してからの、湯気猫ろくちゃんの様子です。
毎回、スーツケースの用意をしていると入ってきて自分も連れて行けアッピールをするのですが、帰ってから空にした場所にも、何かを確かめるように入ってきます。

この柄… 見てください。 ひょうたんを傾けているあなぐまみたいですね?あの夜をあらわしているようではありませんか。




スワロー亭さん、ありがとうございました。また行きますね!!



          ーーーーーー  第一回 小布施篇 完  ーーーーーー